プリパラに夢中!真中らぁらが可愛すぎる件とアイカツ!との比較など

   2017/08/04

実はライブドアブログの方で2ヵ月ほど更新が止まっていたのですが、その理由はものすごく簡単です。なんと、

アニメ「プリパラ」にハマっていたんです!!

いやあ、お子様向けアニメと思って侮っていました~ ごめんなさい!
大人が見ても夢中になれるアニメです!

5月に前のブログでも書いたのですが、お友達から「アイカツ!」のDVDを借りてきて見たのですが、これが面白くて、似たような感じのプリパラはどうなんだろうと思ったら、これがとんでもなく面白かった! しかも、主人公の真中らぁらちゃんがメチャクチャ可愛い!

どちらもアイドル歌手になってトップアイドルを目指すアニメなのですが、アニメの雰囲気が全然違いますね~

「アイカツ!」は、どちらかと言えば、性格の良い優等生たちがみんなで助け合いながら成長していくという、とても健全な内容ですので、お子さんたちには安心してみせられるアニメですね。基本的に「イヤなヤツ」とか「人の悪意」みたいなものが存在しない世界なので、大人が見ると少し物足りないかもしれません。

その点「プリパラ」は、濃いキャラが出てくる出てくる(笑) というか、「普通の人」がほとんど出てきません。個性強すぎ。で、シーズンごとに「敵」とも言えるキャラが出てきて、他のキャラたちを苦しめるのですが、主人公たちの頑張りで何とか解決するというのがお決まりのパターンになっています。で、その「敵」が結構イヤなヤツのことが多く、見ていてストレスが溜まることも(笑) でも、解決したときのカタルシスもすごいんですよね。

上に貼った画像はプリパラのライブシーンのスクリーンショットなのですが、センターが主人公の真中らぁら。小学5年生(39話より6年生)ですが、仮想空間であるアイドルのテーマパーク「プリパラ」に入るときに、容姿が少し変わり、大人っぽくなります。その変身を「プリパラチェンジ」と言って、変化の度合いは人それぞれです。自分の希望でも変えられるし、何も言わなければ、受付のお姉さん通称「めが姉さん」のセンスで決まります。

向かって左側の黄色い髪の子が「南みれい」。らぁらをプリパラに引きずりこんだ張本人ですね。現実世界では風紀委員長をやっているマジメ一筋の中学生なのですが、プリパラに行くといきなりキャピキャピなキャラに変わってしまいます。(というかアイドルとしてウケるように計算してそうしている。) この3人の中では一番の知性派です。

向かって右側のピンクの髪の子は北条そふぃ。らぁらがデビューした時点ですでにトップアイドルになっていたのですが、「梅干しを食べるとクールなカッコイイお姉さん、梅干しが切れたらダメ人間」という特異体質(どんなんだ)で、それを隠してアイドルを続けている自分に疑問を持っていたところ、らぁらに出会って、ありのままの自分でいることの大切さを知ります。

この3人が「SoRaMi☆SMILE」というチームとして、いろいろなグランプリに挑戦したり、事件解決のために奔走したりします。大部分がギャグテイストなので、笑えるシーンも多いですが、フルCGで作られたライブシーンが圧巻です。アイカツのライブの良いですが、「CGの出来」や「派手さ」はプリパラに軍配があがります。動画サイトで「プリパラ」を検索するとたくさんライブシーンが出てくるので、良かったら見てみてください。
 

さて、そんなプリパですが、実は2017年3月で完結してしまっています。全140話。でも、4月からその続編「アイドルタイムプリパラ」が始まっているので、気になる方は見てみてください。こちらも面白いです♪

真中らぁらと新キャラ「夢川ゆい」のダブル主人公制になりました。

今度はトップアイドルを目指すのではなく、誰もお客さんが居ない出来たばかりの新しいプリパラを、何とかして盛り上げていこうというお話です。かなりストーリーがぶっ飛んでいるので、毎回楽しみにしています♪

それでは今日はこの辺で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket