2017版「アルプスの少女ハイジ」実写映画が8月公開。通算10回目の実写化。

   2017/08/03

最新版の「アルプスの少女ハイジ」が実写映画として今年8月に公開されるようですね。最初は、「アルプスの少女ハイジ」、ついに実写化!というタイトルで記事を書こうと思ったのですが、調べてみたら、実に実写化されるのは10回目。さすが歴史のある物語ですね~

ヨハンナ・シュピリ作の原作の表紙 Wikipediaより

 
日本におけるアルプスの少女ハイジと言えば、やっぱりアニメですよね。1974年の1月6日から12月29日まで全52話で放送されました。日本のアニメ会社であるズイヨー映像が制作したものなのですが、制作スタッフは、このアニメのために約1年間の海外現地調査を行ったそうです。

その調査には、宮崎駿さんも参加したとか。その当時は、ズイヨー映像に在籍してたんですね。ハイジの監督はやっていなかったようですが、なんとなくハイジって宮崎アニメの雰囲気がありますよね。
 

そんなアルプスの少女ハイジですが、原作のヨハンナ・シュピリさんによる小説は、なんと1880年に執筆されたモノなんですね。で、実写の映像作品となると、実に、これまで9回に渡って制作されています。

1937年 『ハイデイ』 アメリカ映画
1952年 スイス映画
1955年 『Heidi und Peter』 スイス映画(1952年の続編)
1965年 ドイツ/オーストリア映画
1968年 アメリカ・テレビドラマ
1974年 イギリス・BBC制作テレビドラマ
1993年 アメリカ・ハーモニーゴールド社制作テレビドラマ
2001年 スイス映画
2005年 『ハイジ』 イギリス映画

Wikipediaより)

で、今回発表された2017年のスイス映画が通算10回目。タイトルは『ハイジ アルプスの物語』だそうです。

監督はアラン・グスポーナー氏。
主演は新人のアヌーク・シュテフェン、アルムおんじはブルーノ・ガンツ。

この監督は、この映画を作るに当たって、改めて原作を読み返し、“抑圧からの解放”と“自分の居場所を見つける”という普遍的なテーマを描くとしています。

さてさて、今回のハイジはどんなハイジになるんでしょう? スイスがプライドをかけて制作したとのことなので、楽しみに待ちましょう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket