「青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない」10月8日発売(青春ブタ野郎シリーズ第7巻)

   2017/08/04

電撃文庫、2016年10月の新刊で、待ちに待った鴨志田 一さんの小説・青春ブタ野郎シリーズの第7巻が発売になります。タイトルは、

「青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない」

前巻の終わり方が非常に気になる終わり方だったので、次が読みたくてたまりませんでした。発売の間隔が数ヶ月以上のライトノベルという媒体で、あのような「引き」はやめていただきたいものです(笑)

このシリーズ、一般に「青春ブタ野郎シリーズ」を呼ばれていますが、巻数が表記されていないので、初めて買う方はどの巻から買っていいかよくわからないですよね。
発売から順番に書きますと、

1.青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
2.青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない
3.青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない
4.青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない
5.青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない
6.青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
7.青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない

となっています。

一応続き物ですので、順番に読まないと分からない部分があります。購入の際はご注意を。

私はこのシリーズを昨年から読み始めてとてもハマっています。
ライトノベルによくある学園モノに近いですが、すこし「非現実」な要素があって、それがとても良い味を出してるんです。

それにしても・・・
「青春ブタ野郎」ってなんでしょう??
この小説、内容はとても素晴らしいのですが、すこしタイトルで損をしていると思います。

ブタ野郎ですよ、ブタ野郎。

これは主人公の男の子・梓川咲太のことを指すのですが、ブタでもなんでもなく、結構なイケメン君です。しかも、2巻目にして彼女ができてしまいますし、その彼女は国民的人気タレントだったりして。

そんなトントン拍子に恋愛がうまく行って、この後どうするんだ、と思ったのですが、心配ないぐらい次から次へと問題が起きてきます。そのたびにブタ野郎はあちこちに奔走して問題の解決にあたります。

全巻に共通して出てくるのが「思春期症候群」と呼ばれる不思議な現象。

1巻では、メインヒロインの桜島麻衣が、誰からも認識されなくなるという現象が、
2巻では、後輩の女の子のせいで、同じ日が何度も繰り返してしまうという現象が、
3巻では、友人の女の子が2人に分裂してしまうという現象が、、、

ほとんどの場合、思春期のデリケートな心理状況がそんな世間を巻き込む人騒がせな現象を引き起こしているのですが、たくさんの思春期症候群を見てきた主人公がどうやってそんな難題を解決するのかが毎回の焦点になります。

で、来月発売の7巻・「青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない」。

まだ既読の人のために、ネタバレは避けますが、前巻で主人公が恐ろしい窮地に立たされ、究極の選択を迫られます。そしてラストでさらに予定外のことが起こってしまい-----

主人公・梓川咲太は、どうするのか? みんなが幸せになれる未来はあり得るのか?

そんな大注目の第7巻。10月8日発売です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket